福成寺


福成寺の地図情報☜

福成寺について

奈良時代の開基と伝えられる真言宗の寺で、境内には中世の塔跡や、県天然記念物のトチノキや夫婦杉等の巨樹があり、国や県の重要文化財に指定されている厨子及び須弥壇や銅鐘・古文書があります。本堂の周りにはシャクナゲを寺の名物にするため「花咲かそう会」のメンバーによって約1,400本のシャクナゲが植えられている。シャクナゲの見頃は4月下旬から5月中旬くらいまで。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:事前に連絡

所在地 〒739-0023 
広島県東広島市西条町下三永3641

電話番号

082-426-0523

交通アクセス

(1)西条駅から車で15分(国道375号線うを呉方面へ向かう)

すべての基本情報を見る

福成寺は、平安時代の八幡大師によって開かれた建仁寺の別院として創建された、大阪府大阪市西成区にある総持寺です。福成寺は、開山大師、開祖、第一代山号を持つ芝大師を祀っています。そして、現在の福成寺は、開山大師の甥である福成大師によって建立されたものです。福成寺は、開山大師を祀っていることから、関西でも有名なお寺で、開山大師の誕生日(4月8日)には、関西全域から多くの信仰者が訪れます。また、福成寺は、霊峰寺と別派を結び、開山大師を主宰としています。その他にも、毎年5月に開かれる「開山大師法要」や「暮春大祓」などの集いが行われます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。