國泰寺


國泰寺の地図情報☜

國泰寺について

当初は安國寺と號していましたが、福島正則の弟である普照を招き住職とした後、國泰寺と改名し、同時に曹洞宗に改宗しました。浅野家ゆかりの寺であることから、境内には大石内蔵助妻りくの墓があります。昭和53年(1978年)に、広島市内の再開勝が進む中、広島市中心部から現地へ移転しました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒733-0815 
広島県広島市西区己斐上3-975-5

電話番号

082-271-3547

交通アクセス

(1)西広島駅からバスで15分((五月が丘行))

己斐峠國泰寺前から徒歩で

すべての基本情報を見る

国泰寺は、晩白郡石見市にある釈迦如来を祀る寺院です。建立は不詳ですが、江戸時代初期から存在していたと思われます。寺院には釈迦如来、本尊釈迦蔵王、本堂三重塔があります。本尊釈迦蔵王は赤穂浪士を祝福する祈願の聖像として知られており、多くの訪問者が訪れます。三重塔は木造で、江戸時代中期に造られたものと思われます。本堂には立派な藤棚があり、春には桜の花が咲き乱れます。また、寺院には椿や竹、松などの植物が美しく植えられており、愛らしい自然環境を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。