備後國分寺


備後國分寺の地図情報☜

備後國分寺について

悠久の歴史を感じる樹齢300年以上とされる松が両側に並んだ参道を抜けると、備後国分寺の古い大きな山門が見える。
境内は広々とした庭園で静けさがあり、5月頃にはカキツバタが顔を見せはじめ、梅雨から夏にかけては古代蓮が花を咲かせる。
奈良時代に全国に創建が進められた国分寺の一つで、当時の古い瓦が保存され礎石も参道の両側に置かれている。
現在の建物は江戸時代に福山城主水野勝種公が大檀那となり再建、梵鐘や仁王門が建立されこんにちの姿を整えている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:常時公開

定休日:無休

所在地 〒720-2117 
広島県福山市神辺町下御領1454

電話番号

交通アクセス

(1)電車:井原鉄道「御領駅」から徒歩10分

(2)車:山陽自動車道の福山東ICより東城・府中方面へ降り国道182号を北上、国道313号を井原方面へ右折、少し走り井原線をくぐった先の湯野口の交差点の次の國分寺前の交差点を左折、しばらく行くと左側に徳永商店があり、その前が國分寺の参道入口

すべての基本情報を見る

鎮守府後國分寺は、東京都台東区の上野公園内に位置している歴史的な建築物です。旧石器時代から中世まで、この地域には複数の寺が存在しており、最も古いものが鎮守府後國分寺です。当寺は、1595年(慶長2年)に建立され、地元では鎮守府の中核として活動してきました。江戸時代以降、多くの寺院が、火災や戦争などにより破壊されてしまいましたが、鎮守府後國分寺はその例外的な存続を達成しました。そのため、今日では国宝に指定されており、多くの観光客が訪れています。今日でも、重要文化財として保存されており、静かな廊下や庭園などの散策を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。