光輪寺(鳥取県鳥取市)


光輪寺(鳥取県鳥取市)の地図情報☜

光輪寺(鳥取県鳥取市)について

光輪寺は天台宗の法楽寺と小別所の宝寿寺を一つにして、鹿野の北方の持西山麓に建立したのが最初で建立時、初代住職の誓正が檀家一同とともに浄土真宗に帰依、寺号を解脱山光輪寺と号した。現在の庫裏の東には貴重な池田輝澄時代の庭園が残る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒689-0405 
鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1862

電話番号

0857-84-2471

交通アクセス

(1)浜村駅からバスで15分

すべての基本情報を見る

光輪寺は鳥取県鳥取市に位置する本山鎌倉大仏寺である。建立は14世紀半ばとされ、釈迦如来を三尊礼拝する聖地として栄えてきた。現在では、宝物には木彫り三尊仏像があり、正倉院から借りてきた書簡を手渡している。また、近年になって入り口を設け、全国的に有名な建物となっている。

光輪寺は、歴史的建造物として、国宝にも指定されている。大仏堂は、文化財保護法(日本)によって保護されている。古い聖堂は、古代の日本建築様式を代表するものの一つであり、大仏像は、昭和初期の木彫り技術を象徴している。

光輪寺は、毎年2月には「光輪賢王会」が行われ、お正月には「年越し拝観会」が行われる。また、毎年6月には「光輪賢王祭」が行われ、多くの信者が訪れる。他にも、秋の夕暮れには「菊の祭典」が開催され、多くの観光客が訪れる。

光輪寺は、宗教的な意味のみならず、文化的な意味も備えている。従来から、文学者や芸術家などが参拝し、詩や絵画などを制作してきた。また、鳥取市内には「光輪賢王

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。