諏訪神社社殿


諏訪神社社殿の地図情報☜

諏訪神社社殿について

現在の社殿は、江戸末期の元治二年(1865)再建のもので、四周に繊細な手法による美麗な彫刻が数多くあり、桃山及び江戸時代の様式を最大限に活用した社殿建築である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒680-0444 
鳥取県八頭郡八頭町花

電話番号

交通アクセス

(1)郡家駅からバスで10分

すべての基本情報を見る

諏訪神社は、山口県萩市にある重要文化財です。豊玉八幡神社と共に、全国の諏訪神社の中でも最古と言われています。諏訪神社は、古くは「諏訪大社」と言われていましたが、1952年に「諏訪神社」に改称されました。

諏訪神社の社殿は、国宝の「三重塔」の名を持つ大型の塔頭付きの重要文化財です。社殿は、元来の諏訪神社の社殿が改築されたもので、特徴的な屋根と三重塔を持つ木造建築物です。三重塔は、古代に建てられた木造三重塔の中でも最大級のもので、高さが約25mとなっており、古代から現在まで大きく変わることなく残されています。

社殿内部には、山口県内でも珍しく、江戸時代に建てられた木造の「大輪獅子」が安置されています。この大輪獅子は、体高6m、体重が9t以上という大きな獅子で、国宝に指定されており、諏訪神社を訪れる人々を見守っています。

また、社殿の周りには、古代から伝わる神社回廊「古堤廻廊」や、萩の花として有名な「桜坊主」、「桜坊主の滝」などがあり、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。