長尾山神護寺


長尾山神護寺の地図情報☜

長尾山神護寺について

甲弩にある長尾山来迎院神護寺は、真言宗大覚寺派に属し、もとは神宮寺と称していた。神護寺本堂(県指定重要文化財)は、市内で最古の木造建築である。現在、神護寺の庭園は美しく整えられており、春には美しい桜が咲く。また、本堂をはじめとして、不動明坐像(市指定重要文化財)など文化財も多い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒714-0002 
岡山県笠岡市甲弩816

電話番号

0865-65-0451

交通アクセス

(1)笠岡ICから車で20分

すべての基本情報を見る

長尾山神護寺は、山梨県富士河口湖町にある仏教寺院です。昔から神護山と呼ばれ、紀元400年までさかのぼる歴史があります。

寺院は、富士山の遠州山行から約400年前に建てられました。その後、1700年以上にわたって、修行、仏法の教え、禅宗の研究などを行ってきました。

本尊として、唐仏蓮如上師像が安置されています。近代的な建物もあり、境内には古い木造建築物も残っています。

寺院の大きなイベントとして、毎年7月14日に行われる「山神祭」があります。この祭りは、寺院を中心とした村内の人々が仏教の教えを実践していくための祈願行事で、宗教的な行事を中心に行われます。

また、参道やお庭などを散策すると、自然環境を楽しむことができ、富士山を望むこともできます。長尾山神護寺は、昔からの伝統と現代的な施設を併せ持つ素晴らしい仏教寺院です。

長尾山神護寺は、山口県長門市にある仏教寺院です。1588年に嵐山御前院として開基されたそうです。昔は長門藩の御用茶屋として役割を担っていました。

長尾山神護寺の本尊は釈迦如来として崇められ、簡単な礼拝をすることができます。その他にも有名な仏像である不動明王像、僧侶の寝室などがあります。

特に、長尾山神護寺にある「安楽蔵」は神社や仏閣などを構えた建物で、安楽園とも呼ばれます。昔そこを見学した侍従たちが素晴らしい景色に驚いたと言われています。

また、長尾山神護寺は毎年様々なイベントを開催しています。お盆などの季節行事も行われており、多くの人々が参加しています。

長尾山神護寺は、開基から現在まで変わらず伝統的な文化を守り続けています。その豊かな歴史を有していることで知られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。