洞松寺


洞松寺の地図情報☜

洞松寺について

禅宗(曹洞宗)の巨刹。境内の建物は国の登録有形文化財である。猿掛城主庄氏や毛利氏の帰依をうけ、最盛期には備中国を中心に1200の末寺を従えた中本山として栄えた。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒714-1212 
岡山県小田郡矢掛町横谷3796

電話番号

0866-82-0087

交通アクセス

(1)三谷駅から車で5分

すべての基本情報を見る



洞松寺は、京都府京都市右京区にある仏教寺院です。12世紀前半に創建されました。洞松寺では、山号を「洞松山」としています。正式な称号は「大日本国本宗臨済宗洞松寺」です。洞松寺は、「六波羅蜜」という仏教用語で、六種類の仏教を扱う教えを示すことから、仏教六宗の本山として知られています。洞松寺は、古来より「福源」として親しまれてきました。特に、宝物堂には、観音菩薩や十一面観音などの彫像など、仏教的な重要な財産を収蔵しています。また、洞松寺では、花火大会や祭りを開催しています。

洞松寺は、京都市右京区にある密教寺院です。洞松寺は、建物の外観が白と灰色で統一されており、明暗の対比が美しいと評判です。その名前の由来は、立ち木(洞松)が本堂の前に植えられていたことによるものです。洞松寺の本堂は、大正12年に建立されました。山門は、明治時代に建てられたもので、浮世絵風の山門内壁画が残されています。その他に、洞松寺では、本堂裏に大胆な彩色が施された石碑があります。また、洞松寺では毎年5月1日に開かれる「椿の詣」が有名です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。