お滝様(興善寺奥の院)


お滝様(興善寺奥の院)の地図情報☜

お滝様(興善寺奥の院)について

小谷川の源流付近にある興善寺奥の院周辺に、お滝様とよばれる落差約10メートルの滝があります。寺伝によれば、興善寺2世の日春が、正保年間に脳病を患い、諸方に滝を求めてこの滝を捜し当て、祈願を続けて14日目に滝の中天に不動明王があわられ、脳病が全快したと伝えられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒719-3200 
岡山県真庭市久世

電話番号

交通アクセス

(1)久世I.Cから車で20分

すべての基本情報を見る

お滝様は、興善寺奥の院にある水辺の神様です。大和朝廷で開かれた「興善寺」という神社の奥の院にあり、「お滝様」として祀られています。「興善寺」は、仏教と神道の融合を行ったと言われており、「お滝様」を祀るという行為は、その精神を表しています。

お滝様は、太古の水辺の社の神様であり、水辺を守る神様として祀られています。滝の周辺には、鰻の釣りを行う神事が行われており、滝の生態を守るための祈祷が行われています。また、滝の周辺には、滝の生態を守るために祀られた石像があり、滝を守る神様として祀られています。

お滝様は、大和朝廷で祭りが行われる神様でもあり、毎年7月7日に「お滝祭り」が行われています。祭りは、滝を守る神様を祝う行事で、神託を受け取るための祭りでもあります。また、滝を守るための祈りを行うため、毎年8月15日に「滝祭り」が行われています。

お滝様は、神社の奥の院にある水辺の神様として祀られており、宮中で行われる祭りを通して、神託を受け取り、滝の生態を守るための祈りを行う神様とし

興善寺奥の院の「お滝様」は、滝沢市の興善寺にある神社です。興善寺は滝沢市の旧社として知られていて、江戸時代から現在に至るまで続く歴史があります。お滝様は、江戸時代に滝沢市で有名な神社として知られるようになったと言われています。

お滝様は、興善寺の奥の院に位置しています。お滝様は「山の滝」とも呼ばれており、滝沢市の豊かな自然の中で美しい滝が見られます。滝の周りには、お滝様の社宅・本殿・神門などがあり、本殿は縁日などの行事のために使用されています。

お滝様は、江戸時代から現在に至るまで、多くの信仰者に親しまれてきました。多くの信仰者が訪れる祭りや行事も行われています。その他、滝沢市の文化財にも指定されており、お滝様を見学するツアーも行われています。

お滝様は、素朴な自然と厳かな空気の中で、滝沢市の歴史を感じることができる神社です。また、滝沢市を代表する神社であることから、多くの観光客も訪れるお勧めのスポットとなっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。