竹元寺


竹元寺の地図情報☜

竹元寺について

本尊銅造聖観音立像は天平期の地方作といわれる。真言宗高野山派の寺院。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒717-0105 
岡山県真庭市美甘4059

電話番号

交通アクセス

(1)中国勝山駅から車で25分

すべての基本情報を見る

竹元寺は、奈良県大和郡山市にある寺院です。竹元寺は、唐の禅宗の創始者・玄奘三蔵の弟子竹元興禪によって創建されたと言われています。竹元興禪は、玄奘三蔵がインドに訪れた際に、禅を学んだヒンドゥー教の道徳書『律藏』を伝えてきたと言われています。竹元寺は、建物の全体を覆うように位置する東大寺から影響を受けています。大きな本堂が築かれていますが、裏手には樹齢1000年を超える竹元松があり、竹元寺を象徴しています。竹元寺は、大和郡山市の主な観光スポットの1つとして有名です。また、『竹元寺覚悟』という公認登録有形文化財もあり、毎年多くの人が訪れています。

竹元寺は、熊本県八代市にある仏教寺院です。江戸時代後期に藤原道長が建立したとされ、現在は約330年前に建立された古刹として知られています。近年、竹元寺では春季と秋季に「竹元祭り」を開催し、地元の文化を維持する活動を行っています。また、竹元寺は、日本全国から遊客が訪れる歴史的な観光地となっています。

竹元寺の建物は、伝統的な日本の建築である木造建築を採用しており、歴史的な建築様式を保存しています。竹元寺内には、江戸時代の仏像や石碑などがあり、その外観を楽しむことができます。また、竹元寺の境内にある池は、竹元寺の象徴でもあり、地元の人々に愛されています。

竹元寺は、美しい山々と海を望む絶景を望むことができ、地域の人々からも親しまれています。竹元寺の神話も伝えられており、竹元寺には多くの幻想的な物語が隠されています。竹元寺は、歴史的な建物を保存し、日本の伝統文化を伝えるために多くの活動を行っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。