実成寺


実成寺の地図情報☜

実成寺について

古代和気氏が奈良時代に建てた氏寺(藤野寺)の跡。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒709-0412 
岡山県和気郡和気町藤野348

電話番号

0869-93-1509

交通アクセス

(1)和気駅から車で10分

(2)和気ICから車で15分

すべての基本情報を見る

実成寺は、京都市右京区下鴨神社に隣接している寺院であり、源氏物語において実香が実成寺を望む場面が描かれていることから、日本古来の有名な古刹の一つである。

実成寺は正式には源氏物語を望む寺として、811年(和泉式部元年)に創建された。その創建者は、太宰大臣の和泉式部氏である。

実成寺は、開創から現在まで、豊臣家の甥にあたる和泉家藩の境内に位置し、豊臣家と親密な関係を保ち続けている。

実成寺の本堂は、室町時代末期の禅宗の巨匠、猿渡良照大師によって建てられたもので、一般的な本堂とは異なる造形をしている。そのほか、実成寺には、石碑や境内の池など、観光客に人気のスポットもあり、京都の観光地としても有名な寺院である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。