本久寺


本久寺の地図情報☜

本久寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒709-0514 
岡山県和気郡和気町佐伯

電話番号

すべての基本情報を見る

本久寺は、山口県山陽小野田市にある、浄土宗本願寺派の禅寺です。749年に創建されたとされる本久寺は、山陽三十六不動尊を中心とした古刹であり、山口県登録文化財にも指定されています。

本久寺は、地主福岡藩主の福岡家の寺院として、創建以来、藩主の信仰の寺院として崇められてきました。現在では、本久寺から発した7つの大本山が、全国各地に分布しています。

本久寺の最大の特徴は、大空間を持つ拝殿である大正堂です。大正堂内には、山陽三十六不動尊が祀られています。また、大正堂のそばには、石垣と大きな池もあり、見事な景観を楽しむことができます。

本久寺は、禅の心を伝える穏やかな空間を提供しています。春には、桜が満開し、秋には、紅葉が美しく見ごろを迎えます。本久寺では、毎年11月半ばから12月上旬にかけて、「聖堂祭」が行われており、多くの信者が訪れ、歴史的な建物を崇める祭りとして知られています。

本久寺(ほんきゅうじ)は、山号を「妙蓮山」という神奈川県足柄下郡箱根町にある仏教寺院です。本久寺は、廃絶派浄土宗大本山である船橋寺(ふなばしじ)の参禅として箱根山に開かれた最初の寺院です。江戸時代には、開設から約200年間にわたり、箱根山の最大の仏教文化を発展した大きな役割を果たしました。本久寺では、宗派の境界を越えて多くの仏教行事が行われています。また、本久寺には、伝統的な箱根文化を象徴する建築物が多く残っており、宗教と文化が融合しているのが特徴です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。