長楽寺(岡山県和気町)


長楽寺(岡山県和気町)の地図情報☜

長楽寺(岡山県和気町)について

薬研彫の石造五輪塔がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒709-0512 
岡山県和気郡和気町田土

電話番号

交通アクセス

(1)和気駅から

河本バス停から徒歩で

すべての基本情報を見る

長楽寺(ながらくじ)は、岡山県和気町にある大坊宗の重要な寺院です。建立は室町時代の1418(室町18)年といわれており、古墳時代以来の寺院として歴史の深い寺です。寺の最大の特徴は、室町時代の町家跡として知られる細川家跡である廃屋敷が残っており、細川家とその関係者の葬式などを行う場として現存しています。

長楽寺には、鎌倉時代の寺院として有名な法華経を翻刻した「金色法華経」があり、細川家の葬式では、この金色法華経を用いて葬儀が行われていました。また、京都から下院門を通って廻り、お参りするという「細川家回礼行列」も有名で、続いて和気町でお参りを行っています。

他にも長楽寺には、細川家の墓石などがあり、江戸時代より続く細川家の葬式文化が今も続いています。歴史のある寺院であり、歴史を感じながらお参りすることができるので、また観光客も訪れることが多くなっています。

長楽寺は、岡山県和気町にある歴史ある寺院です。建立は不明ですが、現在までカタログによると江戸時代後期から清水派の寺院として存続しています。

長楽寺は、大正12年から昭和8年の間、清水派の主宰である安政大同尊が詳しく管理していました。その後、その他の法要が続けられています。

長楽寺は、長楽堂、三重堂、本堂などの本尊を祀っている有名な建物があります。本尊は、本堂の中で三重堂の中にある宝塔全身像です。

また、長楽寺には、江戸時代の有名な作家・菊池寛の作品を収蔵しているか妙輪院という文化財があります。

長楽寺は、和気町では観光客が多く訪れる場所であり、多くの参拝者が訪れます。毎年、4月と11月にはお参りの際に、参拝者のために無料の食事が提供されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。