高野神社(岡山県津山市)


高野神社(岡山県津山市)の地図情報☜

高野神社(岡山県津山市)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒708-0013 
岡山県津山市二宮601

電話番号

すべての基本情報を見る

高野神社は、岡山県津山市にある神社です。江戸時代から続く古刹で、県内を代表する神社の一つです。高野神社は、本殿、本殿前庭に加えて、子宝殿、祝宮、舎利殿、鳥居などがあります。また、県宝として指定された「高野芝居」が殿内庭や祝宮に残されています。

毎年1月1日から3日にかけて開催される「高野大祭」は、江戸時代から続く伝統行事で、岡山県内最大規模の大祭です。さらに、4月10日に開催される「高野山参拝」は、多くの人々が参拝し、高野神社の歴史や伝統を知ることができます。

高野神社は、岡山県内を代表する歴史的な神社であり、多くの伝統行事が開催されています。江戸時代の建物や文化的な財産が残されているので、訪れることをお勧めします。

高野神社は、岡山県津山市にある、神道の大社です。津山市内にある高野山の稜線に位置していることから、その地名が付いています。神社の創建年は不詳ですが、高野山修験道における高野山社として知られている縁起から、古くは西暦1000年ごろから古くから根付いていると考えられています。

高野神社は、近畿道内で最も古い建物とされています。現在のお祭神は、高野山の最高神である大黒天で、社殿としては、元禄20年(1707年)に建てられた本殿があります。高野神社は、天神大社、熊野水神社、尊神社、津山市神社など、津山市内の神社の中でも最大級の規模を誇っています。

また、高野神社は、高野山修験道を御宿としています。高野山修験道は、古くは日本三大修験道の一つとして知られており、修験道としての信仰も根強く残っています。そのため、高野神社では、年間を通して多くの修行者が訪れ、高野山修験道を体験しています。

高野神社では、毎年7月25日に「お高野神社例大祭」を開催しています。この祭りは、高

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。