五穀寺


五穀寺の地図情報☜

五穀寺について

五穀寺は応永3年(1416)創建といわれる真言宗の名刹です。
境内には推定樹齢300年といわれる紅梅があり、東美作路銘木百選に選ばれています。根元周囲2.5m、樹高5mで、古い紅梅は特に珍しいもので、岡山県内では井原市の興譲館の紅梅とならび称されるもので、3月下旬に見ごろを迎えます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒708-1203 
岡山県津山市大吉1020

電話番号

0868-36-2358

交通アクセス

(1)津山ICから車で25分

すべての基本情報を見る

五穀寺は、福岡県田川市にある浄土宗の禅寺です。14世紀の初めに創建されたとされ、伝統的な宗教文化を体現しています。今では、歴史的な価値が認められている古刹として、国宝に指定されています。五穀寺の仏殿は、正面に四間廊が設けられており、その回廊から奥へ行くと、本尊の金色像があります。また、五穀寺には、紅葉を楽しむための桜の名所「桜山」や、太宰府天満宮の参道として知られる「宝山」などの景勝地もあります。

五穀寺は、和歌山県和歌山市にある日本の小さな寺院です。1559年、藤原正宗によって建立されました。五穀寺は本尊として「八幡大明神」を祀っています。その他にも、「御影石」、「滝重観音」、「東西大悲像」など、和歌山にある歴史的財産を祀っています。五穀寺は、毎月第3日曜日に行われる「八幡祭」が有名で、大勢の信者が参拝します。また、毎年お正月には「元旦展望会」が開催され、多くの人が参加します。五穀寺は、和歌山県を代表する歴史的な寺院であり、多くの信者に愛されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。