広戸神社


広戸神社の地図情報☜

広戸神社について

広戸神社は、宝亀元年(770年)に京都府の岩清水八幡宮を広戸村の奥津川の宮谷に勧請し、広戸八幡宮と称しました。その後文治5年(1189年)大吉に社殿を移し、応永5年(1398年)に現在の場所に移転。尼子氏の植えたと伝承の「尼子杉藤」があり、天和3年(1683年)には津山藩主森長武から再建の費用と琴一面を寄進されて、明治5年に広戸神社と改称しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒708-1203 
岡山県津山市大吉1017

電話番号

0868-36-2308

交通アクセス

(1)勝北支所から車で10分

(2)津山ICから車で25分

すべての基本情報を見る

広戸神社は、新広戸村(現・河津市)にある神社です。正式な社号は「伊勢神宮広戸宮」で、平安時代に創建されました。現在は、広戸大神、千種大神、稲荷大神、祇園稲荷大神、熊野神社派出所の奉安大神、おがみ神社派出所の奉安大神を祭っています。

広戸神社は、熊野古道を経て東海道五十三次を通り、新広戸村にこの神社が移されたことで有名です。明治以降、新広戸村の住民が熱心に祭祀を行ってきました。現在は、太陽神社・神田明神社・久屋大神社・神泉大神社などがあり、神社街歩行を楽しむことができます。

広戸神社のお祭りは、4月に「春祭り」、7月に「夏祭り」、10月に「越後祭り」が行われます。毎年7月7日には、「七夕まつり」も開催されます。その他にも、「祇園祭り」や「桜祭り」などがあり、多くの人々が参加しています。

広戸神社は、古くから観光客や礼拝客が多く訪れており、近年では河津市の観光名所としても知られるようになっています。神社内には、神楽堂、石垣、池などがあり、風情のあるお

広戸神社は、宮城県石巻市広戸町にある神社です。石巻藩主藤岡家の御祖神として扱われています。特徴として、豊穣神、八咫烏神、百済神などの3神が祭神として宇宙を支配しているとされています。また、宝物館には、石巻藩主から繋がる宝物が展示されています。石巻藩主の奥様である御佐藤記念館もあり、多くの観光客が訪れます。毎月第3日曜日には御神輿が運ばれ、多くの信仰者が参拝しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。