弘秀寺


弘秀寺の地図情報☜

弘秀寺について

本尊は藤原時代後期の木造十一面観音立像(県指定重文)。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒708-0353 
岡山県苫田郡鏡野町中谷2955

電話番号

0868-54-2829

交通アクセス

(1)津山駅からバスで30分

徒歩で30分

すべての基本情報を見る

弘秀寺は、大阪府大阪市西区にある寺院です。寺の名前は、本尊である弘法大師の道徳を讃えるために、平安時代の公家・細川家の家号の一つ「弘秀」から取られています。

弘秀寺は、平安時代に細川家が建立したとされていますが、詳細な創建年は不明です。現在の建物は、昭和初期に再建されたものです。

弘秀寺は、毎年4月中旬から5月中旬にかけて開催される「弘秀寺大活動」という行事が有名です。行事の日程中、寺の周辺には多くの観光客が訪れ、社寺の御供え物や芋ときなこ、江戸横丁なども楽しめます。

また、弘秀寺では、毎月第3日曜日に開催される「お月見拝観会」も人気があり、月末には毎月最終日曜日に開催される「毎月最終日拝観会」もあります。

弘秀寺は、山口県防府市にある仏教寺院です。日本国宝である室町時代前期(約1300年頃)創建の古刹で、山口県三大仏教寺院の一つです。室町時代に弘法大師空海が開基し、慈覚、堯和、延暦の名で建立されました。建物は、本堂、裏殿、参殿、玄関殿、社務所、拝殿などがあり、豊かな自然に囲まれ、祈祷をしたり、観光を楽しんだりするのに最適な環境となっています。

また、弘秀寺の寺画は、空海の生涯を描いた「弘秀寺四段屏風」が有名です。四段屏風とは、桐箱に収めた四段式の屏風で、空海の生涯を描いたものです。この作品は、日本画の巨匠・高野忠麿の名を残す唯一の作品であり、国宝に指定されています。

弘秀寺は、近代的な施設を整えた仏教施設であり、仏教文化を楽しめる空間としても有名です。また、夏期には「弘秀おろし大祭」が開かれ、多くの信徒に親しまれています。この祭りでは、空海の生誕を祝う宗教行事が行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。