相渡八幡宮


相渡八幡宮の地図情報☜

相渡八幡宮について

旧神石町相渡に位置し、嘉慶2年(1388年)に、宇佐八幡宮の分霊を大田々原に勧請したと伝えられています。本殿は千鳥破風と軒唐破風が付設され外陣の大きな虹梁は豪快です。組物・彫刻は極彩色塗で、特徴的本殿の代表建築です。こちらの本殿は町の重要文化財に指定されています。また、本社と孝霊神社を結ぶ参道には300年あまりの杉・桧の巨樹数十本の社叢が保存されています。秋季大祭には神祇舞が奉納されており、
地域芸能文化が保存されています

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒729-3601 
広島県神石郡神石高原町相渡

電話番号

交通アクセス

(1)福山東ICから車で80分

(2)東城インターから車で25分

すべての基本情報を見る

八幡宮は、兵庫県姫路市にある大型の神社です。今では兵庫県の観光名所としても有名で、毎年たくさんの観光客が訪れます。八幡宮は古くから栄えており、日本の古来の神道の寺社である八幡神社をもとにしています。八幡神社は江戸時代に鎌倉幕府から安定の命を受けたときに建立されました。

八幡宮は、八幡神社と一緒に見ると、大きな神社のような雰囲気を持っていますが、実は異なる神社です。八幡神社は八幡大神を祀っていますが、八幡宮は八幡大神のほかに、八幡宮大神、八幡八神、八幡大神降臨神を祀っています。

八幡宮には、八幡宮大神を祀る本殿(宮殿)があり、その周りには多くの御祠(神棚)があります。また、「八幡祭」という祭りが行われており、毎年多くの人が参加します。そのほかにも、毎年4月には「八幡大神迎え祭」が行われるなど、多くの行事が行われています。

八幡宮は、歴史を感じる建物や神棚などが残る、とても貴重な神社です。兵庫県に訪れる際は、是非とも訪れてみてはいかがでしょうか。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。