父木野清瀧神社


父木野清瀧神社の地図情報☜

父木野清瀧神社について

創立年月日は不詳です。寛永2年(1625年)に火災により社殿・神輿等が焼失しました。明暦3年(1657年)に小祀が再建され、正徳2年(1712年)に現在の本殿が再建されました。スギの巨木など、社叢は町の天然記念物に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒720-1413 
広島県神石郡神石高原町父木野163-1

電話番号

交通アクセス

(1)福山東ICから車で55分

(2)東城ICから車で45分

すべての基本情報を見る

父木野清瀧神社は、福島県南会津郡只見町の只見山にある神社です。只見山は、長野県と山梨県の境界にある海抜約1,100mの高い山です。父木野清瀧神社は、只見山にある古代の神社であり、今では伝統的な神社として知られています。社殿には、大鳥居や社殿内に建てられた神社、社殿前の鳥居などがあります。また、社殿の周りには、石碑などの古い祠があり、伝統的な神社文化を残しています。また、只見山の山頂には、社殿の上にある大きな鳥居があり、神社が位置している山頂からの眺望が非常に美しいです。

父木野清瀧神社は、正月や毎月1日に行われるお祭りなどが多く行われています。また、宮司が常駐しており、正月などのお祭りの時期を除いても、年中無休で社殿の参拝が可能です。また、神社の周辺には、只見山を望む展望台や古代遺跡、珍しい植物なども見つかります。父木野清瀧神社は、只見山の頂上に位置し、古代の神社文化を残している神社であり、正月などの年中行事や古代遺跡な

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。