光末清瀧神社


光末清瀧神社の地図情報☜

光末清瀧神社について

天平年中(729年~749年)の勧請と伝えられている神社です。現本殿は享保12年(1727年)に建立されました。本殿には多数の龍や、精巧な彫刻が施されており、本殿と随神門は町の重要文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒720-1412 
広島県神石郡神石高原町光末

電話番号

交通アクセス

(1)福山東ICから車で55分

(2)東城ICから車で45分

すべての基本情報を見る

光末清瀧神社は、山口県宇部市にある神社です。社殿は宇部城の東側にあり、歴史的建造物として国指定の有形文化財に指定されています。現在の社殿は、1421年頃に景勝門跡の復元工事が行われたと考えられています。祭神は太陽神日本神社の特約宗社として、宇部城の始祖・宇部邑紀縁将軍兼室利家家老・清瀧公正家を祭り、その功績を称える神社です。

社殿の周辺には、13世紀に菩提寺が建立されたと言われる景勝門跡や、宇部城として知られる宇部城跡など、歴史的な観光スポットが多くあります。また、社殿の奥には一大祭神として祭られている「恵比寿神社」があります。

光末清瀧神社では、年に一度の春季に「宇部城開城祭」として、宇部城の歴史を祝う行事が行われています。また、宇部城開城祭の夜には、華麗な火祭りが行われ、多くの観光客で賑わっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。