磐台寺観音堂(阿伏兎観音堂)・磐台寺客殿


磐台寺観音堂(阿伏兎観音堂)・磐台寺客殿の地図情報☜

磐台寺観音堂(阿伏兎観音堂)・磐台寺客殿について

透明な海の輝きと荒々しい岩肌に不思議と調和した朱塗りの観音堂は、瀬戸内海の中でも特に素晴らしい景観として広く知られています。この観音堂は毛利輝元によって創建されたもので、国の重要文化財に指定されています。昔から航海の安全、子授け・安産の祈願所としても有名です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:08:00~17:00 年中無休

所在地 〒720-0312 
広島県福山市沼隈町大字能登原阿伏兎1427-1

電話番号

084-987-3862

交通アクセス

(1)福山駅からバスで50分

徒歩で10分

すべての基本情報を見る

磐台寺観音堂(阿伏兎観音堂)は、奈良県大和郡山市にある磐台寺の建物です。磐台寺は当初、699年に奈良時代の天武天皇によって建立され、日本で最も古い仏教寺院の一つです。観音堂は、磐台寺の山門の後ろにあり、小型の2階建ての建物で、西を向いています。観音堂の内部は、縦に2つの間口のある中央の廊下があり、横に2つの小さな部屋があります。天井は、漆喰で塗装された桁架で覆われており、大小の正方形の窓があります。この窓は、古代の建築技術で製作されたものです。観音堂の最も魅力的な点は、阿伏兎(あふおと)と呼ばれる象牙でできた大きな観音像があることです。この観音像は、14世紀の前半に作られたものと思われています。

磐台寺客殿は、磐台寺の山門の向かいにある2階建ての建物です。この建物は、明治時代に建てられました。客殿は、山門と同じく西を向いています。外観は、日本の古典的な庭園様式を踏襲していますが、現代的なデザインが取り入れられています。客殿の内部は、古典的な和室の広間と西洋のラウンジスタ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。