湯神社


湯神社の地図情報☜

湯神社について

「誉田別命(ほんだわけのみこと)」、「大己貴命」(おおなむちのみこと)」、「大国主命(おおなむちのみこと)」、「少名彦命(すくなひこのみこと)」、「大山祇命(おおやまつみのみこと) 」の4人の神様たちを合祀した、由緒正しき神社。2009年秋には385年ぶりの改築が終わり、以前とはまた異なった表情を見せている。2010年元旦より、神様にちなんだ“縁結び”、 “招福開運”、“合格祈願”の3種類の絵馬が湯郷温泉青年部によって作られ、人気を呼んでいる。それぞれの絵馬はこの湯神社ではもちろん、湯郷温泉の各宿泊施設でも販売され、ここに奉納することとなっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒707-0062 
岡山県美作市湯郷664

電話番号

交通アクセス

(1)湯郷温泉街より徒歩1分

すべての基本情報を見る

湯神社は、熊本県の薩摩川内市に位置する神社である。薩摩川内市を中心とした薩摩周辺の各地域から多くの信者が訪れている。湯神社は、古くから宿坊神として崇められてきた神であり、湯の恵比須(ゆのえびす)という別称もある。現在の本殿は、長寿神社として1609年に松山湯元(まつやまゆもと)として創建された。湯神社では、湯治(ゆじ)の祈りや、湯治療を行っている。湯治祈願には、神社の山門の社務所から湯治の祈願紙を購入し、湯治案内所で湯治の祈りをする。また、湯治療では、湯治療を受けるために社務所から湯治療の祈願紙を購入し、湯治案内所で湯治療を受けることができる。湯治祈願と湯治療を受ける際には、神社側の指示に従う必要がある。

湯神社には、本殿以外にも多くの小さな神社や社があり、信者が訪れることができる。また、湯神社は多くの神話伝承物があり、それを祝う祭典も行われている。さらに、湯神社は毎年4月に行われる「湯神社祭り」に

群馬県高崎市にある大平山に位置する「養神社(ようじんじゃ)」は、古くから「養神館(ようじんかん)」という別称で知られている、大平山の頂上にある信仰の対象となっている神社です。当初、現在の建物は13年前に建てられ、現在では、毎年多くの参拝者が訪れています。養神社は、古代から伝わる「癒しの噴水」を持ち、参拝者はこの水を試して自身の病気を癒す効果を期待しています。また、「養神社」は、豊かな森林に囲まれた美しい場所として、多くの人々が訪れて、安らぎを求めています。

養神社では、毎年9月に「安産祈願」が行われ、10月には「収穫祈願」が行われます。また、11月には「養神社御湯祭」が開催され、多くの人々が参列します。この祭りでは、御神酒や御湯を参拝者に配布し、養神社を祀る神様を祝う賑やかな行事となっています。

養神社には、多くの歴史的な建造物が残っており、その中には古い山神社の建物もあります。また、養神社の畔には、養神社御湯神社と呼ばれる神社があり、この神社は、古くから信
玉作湯神社は、滋賀県湖南市にある神社です。現在は、玉作神社として知られています。玉作湯神社は明治3年(1870年)、湖南の大野家の藩主、藤原公順(ふじわらのみなと)が築いたもので、湖南を治める玉作神の祀られている神社です。玉作神は、建築の技術の叡智を授ける神で、建築家を支援する神とされています。また、玉作湯神社では、湖南を治める玉作神を祀る毎年5月1日の初夏祭りが行われます。その翌日には、湖南の藩主家族である藤原家の祖先の祭りが行われます。玉作湯神社は、湖南の文化を表現する場所として、多くの人々に親しまれています。
玉作湯神社は、滋賀県湖南市にある神社です。現在は、玉作神社として知られています。玉作湯神社は明治3年(1870年)、湖南の大野家の藩主、藤原公順(ふじわらのみなと)が築いたもので、湖南を治める玉作神の祀られている神社です。玉作神は、建築の技術の叡智を授ける神で、建築家を支援する神とされています。また、玉作湯神社では、湖南を治める玉作神を祀る毎年5月1日の初夏祭りが行われます。その翌日には、湖南の藩主家族である藤原家の祖先の祭りが行われます。玉作湯神社は、湖南の文化を表現する場所として、多くの人々に親しまれています。
玉作湯神社は、滋賀県湖南市にある神社です。現在は、玉作神社として知られています。玉作湯神社は明治3年(1870年)、湖南の大野家の藩主、藤原公順(ふじわらのみなと)が築いたもので、湖南を治める玉作神の祀られている神社です。玉作神は、建築の技術の叡智を授ける神で、建築家を支援する神とされています。また、玉作湯神社では、湖南を治める玉作神を祀る毎年5月1日の初夏祭りが行われます。その翌日には、湖南の藩主家族である藤原家の祖先の祭りが行われます。玉作湯神社は、湖南の文化を表現する場所として、多くの人々に親しまれています。

湯神社(四社明神)は、静岡県にある神社です。湯神社は、紀元前747年(天平宝字2年)に、国家の信仰に忠実な大将・武田信玄が造営したと言われています。

湯神社は、国宝級指定有形文化財である、四社明神(熊野大神宮、八幡大神宮、鳴門金山寺、大和魂神社)を祀っています。神社の本殿、山門、社務所などを含めて、その発展形を現在に保存しています。

湯神社では、数多くのお祭りが行われています。元旦には、熊野大神宮の参拝が行われます。また、毎年5月初旬には、「湯神楽」の公演が行われます。湯神社では、年中行事も催されています。

湯神社は、静岡県でも有名な観光スポットです。境内の景色が素晴らしく、多くの観光客が訪れます。湯神社へ訪れる際は、入場料を1人につき500円(大人)を支払う必要があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。