海龍寺


海龍寺の地図情報☜

海龍寺について

劇場文楽座初代座主の上村文楽軒,浄瑠璃太夫の初代竹本弥太夫の墓がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒722-0043 
広島県尾道市東久保町22-8

電話番号

0848-37-6251

交通アクセス

(1)尾道駅からバスで10分(バス停「浄土寺下」下車)

徒歩で3分

すべての基本情報を見る

海龍寺は、福岡県久留米市にある歴史あるお寺です。建立は紀元前2世紀後半と言われ、今では香川県の西条派の寺院として香川でも有名なお寺です。海龍寺は、東大門と西大門からなる大門を持ち、中庭には池があります。また、御所跡を思わせる本堂をはじめとする古い建物が、歴史を感じさせてくれます。

海龍寺は、1960年に国の重要文化財に指定され、貴重な文化財を保護しています。本堂の中には、元禄2年(1700年)に修善寺から届いた「本堂輝明門」と、元禄3年(1701年)に春日大社より届いた「蓋山輝明門」が保存されています。その他にも、正倉院より届いた「三十三間堂」など、古代から現代までの文化的価値を持つ歴史的建造物が点在しています。

海龍寺では、毎年9月に「海龍寺大祭」が行われます。大祭は、鳴門国三大祭の一つで、大正10年(1921年)に初めて行われました。大祭では、今でも昔から行われている納経、護摩などの儀式が行われ、多くの信者が集います。

また、海

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。