般若寺(山口県平生町)


般若寺(山口県平生町)の地図情報☜

般若寺(山口県平生町)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒742-1104 
山口県熊毛郡平生町宇佐木1166

電話番号

0820-56-3636

すべての基本情報を見る

一般若寺は、山口県平生町にある寺院です。17世紀後半に建立されたとされており、その重要文化財として国の重要文化財に指定されています。

一般若寺は、当時の大名・米良宗長の意向により建立されました。米良宗長は、山口県の二大朝護寺である大堀寺と照原寺の力を結集し、一般若寺の建立に尽力しました。

一般若寺は、多くの仏像や諸寺の開創の像などの歴史的な文化財が保存されています。また、山口県で最も古い仏像である百足仏像も本寺の境内にあり、歴史的な価値が高いものとして認められています。

また、一般若寺は、境内内に参道が通っており、その先には大きな本堂が建てられています。本堂は二階建てで、内部には約一百六十体の大仏が祀られています。

一般若寺は、鎌倉時代の建物を残していることから、山口県内でも屈指の観光スポットとして知られています。また、境内内には、山中庭園や山中吊橋などもあり、見ごたえのある境内を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。