八重籬神社


八重籬神社の地図情報☜

八重籬神社について

板倉勝重を祭る。「藤の胴」の大太鼓は有名。 備中松山藩の政庁「尾根小屋」の関連構築物のうち、唯一現存する「臥牛亭」が移設されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒716-0004 
岡山県高梁市内山下

電話番号

0866-22-3288

交通アクセス

(1)備中高梁駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

八重籬神社(やえぶすみでじんじゃ)は、熊本県山鹿市にある神社です。日本で最も古い神社といわれ、現存する古い神社のひとつです。詳しい年代は不明ですが、記録によると、古代から現在に至るまで、その存在が確認されています。そのため、「神社の恩恵の社」と呼ばれており、その恩恵を信じる多くの信者が訪れています。八重籬神社では、八重籬大神(やえぶすみだいじん)を祀っており、熊本県有数の観光スポットとなっています。また、宮司が変わるたびに、境内の社殿や神社の風景が変わるという、神社の「変容」という特徴もあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。