医光寺


医光寺の地図情報☜

医光寺について

益田家の菩提寺。雪舟が第5代の住職。益田城の表門を移築したもので竜宮造りの山門は迫力があって見事。雪舟作の庭園は国の史跡及び名勝に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:8:30~17:00 夏期17:30まで

休業:無休

所在地 〒698-0011 
島根県益田市染羽町4-29

電話番号

0856-22-1668

交通アクセス

(1)益田駅からバスで15分

すべての基本情報を見る

青森県弘前市にある「青森県立医光寺」は、1225(室町時代)に釈迦如来の像を祀ったと言われる寺院です。現在では、極楽寺(薬師如来)、白衣寺(千手観音)、東大寺(聖天)、梅林寺(大日如来)という4つの寺院が統合した大規模な寺院として知られています。また、青森県内では珍しいように、本堂が社務所のように維持されています。

青森県立医光寺の最大の特徴は、各寺院の敷地内に地蔵尊像が多数建てられていることです。敷地内には鎌倉時代から現代までの膝丸(ひざまる)、六角(ろっかく)、五角(ごかく)などの地蔵尊像が数多く見られます。

また、青森県立医光寺は、古い建物や文化財を取り扱っています。特に有名なのは、青森県立医光寺の大本山東大寺内にある東大寺の塔です。東大寺の塔は、明治時代に建てられた古い建物で、当時の職人の技術が凝縮された建物として知られています。

青森県立医光寺は、訪れる人に豊かな精神的な体験を提供し

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。