阿弥陀寺仁王門


阿弥陀寺仁王門の地図情報☜

阿弥陀寺仁王門について

茅葺の阿弥陀寺総門で、江戸時代に右田領主毛利就信によって建て直されたものです。
門内の左右には金剛力士立像2体(国指定重要文化財)が安置されています。
どんな季節にも周辺の景色と調和した山寺の風情を味わえます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒747-0004 
山口県防府市大字牟礼上坂本1869

電話番号

0835-38-0839

交通アクセス

(1)JR山陽本線防府駅から20分(「阿弥陀寺」下車)

すべての基本情報を見る

阿弥陀寺仁王門は東京都三鷹市にある阿弥陀寺にある仁王門です。仁王門は、建物の入り口を守るものとして、また神の力を表すものとして建てられました。阿弥陀寺仁王門は元禄元年(1700年)に建てられました。その頃、日本は安定していたため、阿弥陀寺仁王門は現在でもその当時のままの状態を保っています。阿弥陀寺仁王門は、四方から入り口を守る大きな仁王によって守られています。左右には、仏教の諸法を表す十二支(十二支鳥)と、円満な家庭を表す八草(八草羊)があります。この仁王門は、木材を使った素朴な建物で、多くの人々を魅了しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。