向徳寺/あじさい


向徳寺/あじさいの地図情報☜

向徳寺/あじさいについて

本尊は釈迦如来、もともと向津庵と呼ばれていましたが、明治3年に海徳寺と合併して向徳庵と称し、昭和になって向徳寺と改称しました。また、別名紫陽花(あじさい)寺とも呼ばれるほど紫陽花の名所でもあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-4623 
山口県長門市油谷向津具下3213

電話番号

交通アクセス

(1)JR山陰本線人丸駅から車で30分

(2)ブルーライン交通バス「向徳寺」下車徒歩1分 楊貴妃の里から徒歩7分

(3)中国自動車道「美祢IC」より車で約1時間

すべての基本情報を見る

徳寺は、奈良県吉野郡大宇多目的にある寺院で、奈良八百八町界上の由来を持つ古刹である。徳寺は、西国三十三所の内の一つとして、日本三大名湖の一つ、大宇多湖に囲まれている。徳寺では、特に観光客に人気があるのが、境内にあるあじさいの花畑です。

あじさいは、ガクアジサイ属に属する植物で、夏になると咲き誇る花がとても美しいです。花は、黄色からオレンジ色にかけて7色に変化していきます。また、藍色、紫色などさまざまな色の種類もあり、見る人の心を和らげてくれます。

徳寺のあじさいは、特に淡い色味のものが多く、花言葉の「美しい」を感じさせるきれいな色合わせです。花畑では、あじさい以外にも桜、椿、ひまわりなど、様々な花も見ることができます。

徳寺のあじさいは、夏を代表する素敵な花であり、見る人の心を温かくしてくれます。あじさいを育てるのは、専門家などがやっているので、また徳寺を訪れる機会があれば、きっと美しいあじさいを見ることができるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。