清水大師寺


清水大師寺の地図情報☜

清水大師寺について

江戸時代には石見銀山(世界遺産候補地になっている)の積み出し港として栄華を極めていた温泉津町。なまこ壁の豪商屋敷や古寺等今もなお残り、当時の面影を偲ばせる。弘法大師の旧跡で、眼下に温泉津港、日本海がみえ、中国地蔵霊場21番、石見観音霊場31番札所にもなっている。岩と庭が大変美しい寺である。

港と温泉とやきものの町温泉津にある31番札所

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-2501 
島根県大田市温泉津町温泉津小浜イ408

電話番号

交通アクセス

(1)JR山陰本線温泉津駅よりR9経由、東へタクシー10分

すべての基本情報を見る



清水大師寺は、京都府京都市下京区にある寺院です。1175年に建立された蓮如上人(れんにょじょうにん)によって創建された歴史の深い寺院です。清水大師寺は、京都三大名刹の一つであるとして親しまれています。

清水大師寺は、正門を挟んだ清水堰という水路を挟んだ中央広場(ちゅうおうひろば)を中心に、西側の妙法院、東側の真言院、南側の蔵王院などがあります。

また、清水大師寺の中央広場では、京都三大祭の一つ、「宝物花炎祭」が毎年7月17日に行われています。宝物花炎祭では約3,000本の花火が打ち上げられ、夜空を彩ります。

清水大師寺は、岡山県倉敷市にある、中国様式の建物群を有する寺院です。大正2年(1913年)に創建されました。大正初期の豪華な建物群は、折衷派の禅宗派寺院の一つで、活動内容も非常に多様です。主な仏閣は、二階建ての縦長建築物で、山門から四方の二段の門柱を挟んで建つ五重塔と、台所堂、鳳凰堂が構成されています。鳳凰堂は、大正12年(1923年)に建てられたもので、金色の葉を持った鳳凰が模様替えされています。清水大師寺は、紅葉の時期には、たくさんの観光客が訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。