西堂寺六角堂


西堂寺六角堂の地図情報☜

西堂寺六角堂について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-3113 
山口県萩市大字江崎1281-4

電話番号

すべての基本情報を見る



西堂寺六角堂は、西蔵院にある大仏殿の内部に建っている六角形の寺院です。西堂寺六角堂は、18世紀に西蔵院の大仏殿の内部に建てられました。建物は、六角形の四方向の小さな屋根を持つ四重塔で構成されています。塔の頂上には、それぞれ六角形の大きな屋根が乗っています。六角塔の全高は、基礎から屋根頂上まで約20メートルです。六角塔の内部は、何重にも階段を登って行く必要がありますが、最上階には大仏殿を見渡す絶景が見えます。

西堂寺六角堂は、大仏殿を囲むように位置しているため、六角塔と大仏殿が一体となった構図であることが特徴です。六角塔の側面には、中世の仏教像などが大判サイズの絵画となって描かれています。この絵画は主に曹洞宗の重要な仏教像を紹介しています。また、西堂寺六角堂の外壁には、鳥居や石灯籠などもあります。

西堂寺六角堂は、毎年多くの観光客が訪れる観光名所としても知られています。

西堂寺六角堂は、福岡県北九州市小倉北区にある寺院である。西堂寺は、福岡県では珍しい長宗我部家の始祖で、室町時代の小倉家の寺院でもある。六角堂は、西堂寺の名前を冠した本尊(六角形の仏像)があるお寺のことを指している。六角堂の本尊は、6つの六角形を持つ仏像で、比叡山の筆頭大仏と並ぶ、日本三大六角仏の一つである。六角堂は、江戸時代に建てられた木造平安宮様式建築の建物で、国宝に指定されている。

六角堂の付近には、平安時代の建築物がたくさん残っているのが特徴である。六角堂の裏手には、平安時代に建てられた豊後大和国の祖神、稲荷神社が祀られている。その他、平安時代末期の大仏殿、正倉院、西堂寺ホールなどもあり、歴史的建造物がたくさん残っている。

六角堂は、毎年4月から10月の間、毎週日曜日に公開されている。六角堂内部を見学する際は、入場料として1,000円が必要である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。