妙見宮鷲頭寺


妙見宮鷲頭寺の地図情報☜

妙見宮鷲頭寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒744-0011 
山口県下松市中市1-10-15

電話番号

0833-41-1345

すべての基本情報を見る

妙見宮鷲頭寺は、山口県萩市にある建仁寺派の法相宗の寺院です。11月3日に開山されたと伝えられており、江戸時代から現在に至るまで、歴史を継承しています。妙見宮鷲頭寺の最も重要な建築物が、大仏殿です。大仏殿は、厳かな色彩で華やかな大仏を拝める場所で、二重仏壇には萩市の先人たちの霊斎があります。また、妙見宮鷲頭寺には、「木綿路枢督遷宮跡」と呼ばれる江戸時代の石碑が残っており、歴史的価値が高いものとして知られています。

妙見宮鷲頭寺では、毎年11月2日に「萩春祭り」が開催されています。萩春祭りでは、神輿や火縄などの色彩豊かな行列が繰り広げられ、多くの観光客が訪れます。また、妙見宮鷲頭寺では、毎月第1日曜日に木綿路枢督遷宮跡の祈祷が行われ、祈願者が多く訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。