正蓮寺(島根県浜田市)


正蓮寺(島根県浜田市)の地図情報☜

正蓮寺(島根県浜田市)について

和田の工匠、豊原喜一郎が天保14年(1843年)から2年の歳月をかけて造り上げた、石見三門(浄泉寺・邑南町市木、西蓮寺・邑南町阿須那)の随一に挙げられる名建築。華麗な彫刻の技と歴史の重みが調和した美しい山門です。この門には獅子、牡丹などが彫られているが、ことに龍は白眉で夜毎水を飲みに抜け出すという伝説もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒697-0427 
島根県浜田市旭町木田225

電話番号

交通アクセス

(1)浜田自動車道旭ICから車で6分

すべての基本情報を見る

正蓮寺は、島根県浜田市にある寺院である。現在では、正蓮寺派の本寺である。正蓮寺は、室町時代に創建されたといわれている。歴史的な歴史を持つ正蓮寺は、国宝の妙心寺殿をはじめとする国宝を有し、正蓮寺派の社寺としての貴重な歴史的建造物も多く保存されている。また、平和な歴史的な空間であるお寺の風景も残っており、多くの人々に観光客として訪れてもらっている。正蓮寺は、島根県を代表する歴史的な文化財として多くの人々の親しみを集めている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。